Advertisement

FIBA W杯予選で活躍を見せるNBA選手たち – スポーティングニュース

Advertisement

フィリピン、日本、インドネシアにて来年の夏に開催されるFIBAワールドカップ2023の出場枠をかけた予選大会が、世界各地にて現在行われている。

ワールドカップ本戦に出場できるのは32か国で、各大陸の予選を勝ち抜いた上位チームが出場する。現在は1次予選を終え、8月下旬から2次予選が開始されるところまで予選は進んでいる。今回は各大陸予選で活躍しているNBA選手に注目してみよう。

FIBA W杯2023 ヨーロッパ地区2次予選

まずは多くのNBA選手が出場しているヨーロッパ地区予選を見てみよう。特に注目が集まっているのは、NBAでも大スター選手として人気が高いスロベニア代表のルカ・ドンチッチ(ダラス・マーベリックス)だ。

ドンチッチはここまで2試合に出場し、平均26.0得点、9.0リバウンド、8.0アシストと大活躍している。スロベニアはほかに、今オフにシカゴ・ブルズと契約したゴラン・ドラギッチもプレイしている。

ほかに目立った活躍を見せているNBA選手には、ドイツのデニス・シュルーダー(フリーエージェント)、フィンランドのラウリ・マルカネン(クリーブランド・キャバリアーズ)、フランスのシオ・マレドン(オクラホマシティ・サンダー)などがいる。

ヨーロッパ地区2次予選 グループI

順位 試合 勝利 敗戦 得失点差 勝ち点
1 ギリシャ 4 3 1 +23 7
2 ラトビア* 4 3 1 +12 7
3 トルコ* 4 2 2 +21 6
4 ベルギー* 4 2 2 -1 6
5 セルビア* 4 1 3 -11 5
6 イギリス 4 1 3 -44 5

※グループBが4試合しか行なっていないため、グループAのチームは最下位のスロバキアとの試合結果が引き継がれていない。

ヨーロッパ地区2次予選 グループJ

順位 試合 勝利 敗戦 得失点差 勝ち点
1 ドイツ 6 5 1 +49 11
2 フィンランド 6 5 1 +28 11
3 スロベニア 6 4 2 +24 10
4 イスラエル 6 3 3 +24 9
5 スウェーデン 6 2 4 -15 8
6 エストニア 6 2 4 -55 8

ヨーロッパ地区2次予選 グループK

順位 試合 勝利 敗戦 得失点差 勝ち点
1 フランス 6 5 1 +121 11
2 リトアニア 6 5 1 +41 11
3 モンテネグロ 6 4 2 +36 10
4 チェコ共和国 6 3 3 +2 9
5 ボスニア・ヘルツェゴビナ 6 3 3 -14 9
6 ハンガリー 6 3 3 -70 9

ヨーロッパ地区2次予選 グループL

順位 試合 勝利 敗戦 得失点差 勝ち点
1 イタリア 4 3 1 +19 7
2 アイスランド 4 3 1 -3 7
3 スペイン* 4 3 1 +37 7
4 ジョージア* 4 2 2 -30 6
5 ウクライナ 4 1 3 -7 5
6 オランダ 4 0 4 -16 4

※グループHが4試合しか行なっていないため、グループGのチームは最下位の北マケドニアとの試合結果が引き継がれていない。

FIBA W杯2023 アメリカ地区2次予選

アメリカ代表は予選ではGリーグ選手やフリーエージェント選手を中心に組んでいるため、本戦で見るようなスター選手は名を連ねていない。直近までNBAでプレイしていた選手では、ジョーダン・ベル、アイザイア・トーマス、クイン・クックなどが予選に出場している。

アメリカ地区予選でNBA選手が多いのはカナダ代表だ。そのなかで特に活躍しているのは、サンダーのシェイ・ギルジャス・アレクサンダーだ。7月に行われたドミニカ共和国戦では32得点を叩き出すなど、カナダ代表の中心選手としてチームを牽引している。

ほかに目立った活躍を見せているNBA選手には、バハマ代表のバディー・ヒールド(インディアナ・ペイサーズ)、プエルトリコ代表のホセ・アルバラード(ニューオーリンズ・ペリカンズ)、アルゼンチンのファクンド・カンパッソ(フリーエージェント)などがいる。

アメリカ地区2次予選 グループE

順位 試合 勝利 敗戦 得失点差 勝ち点
1 カナダ 6 6 0 +198 12
2 ベネズエラ 6 5 1 +126 11
3 アルゼンチン 6 5 1 +73 11
4 ドミニカ共和国 6 4 2 +73 10
5 パナマ 6 2 4 -8 8
6 バハマ 6 2 4 -82 8

アメリカ地区2次予選 グループF

順位 試合 勝利 敗戦 得失点差 勝ち点
1 ブラジル 6 5 1 +122 11
2 アメリカ 6 5 1 +66 11
3 ウルグアイ 6 4 2 +10 10
4 メキシコ 6 4 2 ±0 10
5 プエルトリコ 6 3 3 -7 9
6 コロンビア 6 2 4 -74 8

FIBA W杯2023 アジア地区2次予選

アジア地区予選では、オーストラリア代表のマシュー・デラベドーバが元NBA選手として大活躍を見せ、その後サクラメント・キングスと契約を結んでいる。

ほかにもNBA経験のある選手として、オーストラリア代表にソン・メイカー、中国代表にジョウ・チー、イラン代表のハメッド・ハッダディなどがいる。

アジア地区2次予選 グループE

順位 試合 勝利 敗戦 得失点差 勝ち点
1 ニュージーランド 4 4 0 +161 8
2 レバノン* 4 3 1 +51 7
3 ヨルダン* 4 2 2 -9 6
4 フィリピン 4 2 2 -31 6
5 サウジアラビア* 4 1 3 -42 5
6 インド 4 0 4 -130 4

※グループAが4試合しか行なっていないため、グループCのチームは最下位のインドネシアとの試合結果が引き継がれていない。

アジア地区2次予選 グループF

順位 試合 勝利 敗戦 得失点差 勝ち点
1 オーストラリア 6 6 0 +148 12
2 カザフスタン 6 5 1 +68 11
3 中国 6 4 2 +96 10
4 イラン 6 4 2 +87 10
5 日本 6 2 4 -66 8
6 バーレーン 6 2 4 -95 8

FIBA W杯2023 アフリカ地区2次予選

アフリカ地区予選では、ナイジェリア代表のチメジー・メトゥ(サクラメント・キングス)がウィンドウ3から参加し、直近のウガンダ代表戦では25得点、10リバウンドのダブルダブルを達成している。

さらにNBA的に注目なのは、6戦無敗の南スーダンだ。ヘッドコーチが元NBA選手のロイヤル・アイビーであることに加え、南スーダン・バスケットボール協会の会長は同じく元NBA選手のルオル・デンが務めている。

アフリカ地区2次予選 グループE

順位 試合 勝利 敗戦 得失点差 勝ち点
1 コートジボワール* 4 4 0 +23 8
2 カーボベルデ 4 3 1 +23 7
3 アンゴラ* 4 2 2 +33 6
4 ナイジェリア 4 2 2 +28 6
5 ウガンダ 4 1 3 -51 5
6 ギニア* 4 0 4 -56 4

※グループAが4試合しか行なっていないため、グループCのチームは最下位の中央アフリカ共和国との試合結果が引き継がれていない。

アフリカ地区2次予選 グループF

順位 試合 勝利 敗戦 得失点差 勝ち点
1 南スーダン 6 6 0 +61 12
2 エジプト 6 5 1 +141 11
3 チュニジア 6 4 2 +17 10
4 コンゴ民主共和国 6 4 2 +8 10
5 セネガル 6 3 3 +45 9
6 カメルーン 6 1 5 -27 7

予選が進むにつれ増えていく傾向のあるNBA選手だが、8月下旬から始まるウィンドウ4ではさらに多くのNBA選手が候補としてリストアップされている。

特にヨーロッパではW杯予選後にFIBAヨーロッパ選手権(通称ユーロバスケット)が控えていることもあり、セルビア代表はニコラ・ヨキッチ、ギリシャ代表はヤニス・アデトクンボなどMVP級の選手たちが候補として名前を挙げられており、出場が期待されている。

▶バスケ観るならDAZNで。スマホやTVでスポーツをいつでも楽しもう

Advertisement

Leave a Comment